なんでもござれ 日々、思ったこと感じたことを徒然に
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2009年10月24日 18時04分57秒 更新

お気楽ライド 10-24

今日も調整がてら午前中ライディング。
昨日サドルを下げてみたけど大腿四頭筋(前側の太ももね)ばかりに負荷が掛かっていたみたいなので
サドルを元の高さに戻して乗ってみる。

「うん、こんな感じかな」

これ以上高くするとケイダンスが110を超えるとお尻がサドルの上でダンスしそうになる。
これ以上は上げれないな、あと2,3mmぐらい下げる方がスムーズなペダリングが出来るかも?

まぁ、とりあえずサドル高さはこれで固定。

あとはQファクターを狭くするようにクリートを左右入れ替えてみよう。

また最初からの調整になっちゃうのかな?

走行距離 51.64km
走行時間 1’56”27
平均速度 26.6km/h
消費カロリー 1220kcal

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

スポンサーサイト
2009年10月24日 18時04分57秒 in とりあえず記録
トラックバック (0) コメント (2)

2009年10月24日 17時00分00秒 更新

お気楽ライド 10-23

今日も昼からの勤務。
8:30頃から乗り始める、奥さんからの命令で郵便局と銀行にいて振込みを済まさないといけないので
1時間半ぐらいのライディング。

少し膝が痛んだので右足のクリートの位置を微調整。
ぺだりんぐのときの感覚を頼りに拇指球の位置を合わす。
ソールにはメモリが刻んであるが、踏んだ時のシューズの角度、シューズの中での足の位置等
微妙な違いがある、それに左大腿部を骨折してあるので左右で5cmほど長さが違う。

走り始めてサドルの高さも調整。
大腿筋の力の入り具合を頼りに5mmほど下げる。

左足のペダリングが右足ほどしっくり行かないのは骨折部分をチタンの棒で補強、上下をボルト止めしてあるから仕方がないだろうなぁ。
まぁ、気にするほど違和感があるわけじゃないし。

1時間ほどのライディングの結果は?
クリートの調整が決まったのか右膝の裏の痛みがなくなる。
ちょっとだけ(1mmほど)動かしただけなんだけど。

走行距離 34.86km
走行時間 1’16”34
平均速度 27.3km/h
消費カロリー 726kcal

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2009年10月24日 17時00分00秒 in とりあえず記録
トラックバック (0) コメント (0)

2009年10月23日 22時57分39秒 更新

見逃した方、必見!

先日放送された
2009 世界自転車選手権
見逃した方、再放送決まりました。

新城選手が200kmを逃げる映像、カメラに手を振る姿
別府選手がメイン集団の先頭に位置取ってる映像。

必見です。

放送を見逃した方、今度は見逃すな!

放送日
  10/24(土)
放送局
  NHK BS1
時間
  12:10~14:00

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2009年10月23日 22時57分39秒 in ペダリング
トラックバック (0) コメント (0)

2009年10月23日 21時42分08秒 更新

お気楽ライド 10-21

午前中に仕事が終わったので昼からペダルの感触を確かめるためライディング。
(本当は今日は休日だったのだ)
紀ノ川沿いの平坦基調の道で確かめるように乗る。

まず、ステップインの具合。
驚くほど簡単に嵌る、「えっ、入ったの?」って感じ。
先の部分を引っ掛けて軽く踏み降ろすと「カッチ」と軽い音を立てて完了。
前のペダルのように「こじて」入れる必要全くなし!

ステップインの後、タイム独特のフローティング感を確かめる。
頑固にタイムのペダルを使う理由はここにあるのだから。
新品のせいもあるだろうが、思った以上に動く感じがある。
タイムのペダルを使い続けてきた私でさえ
「えっ?何だ?この感じ」まるで氷の上に足を置いてるみたい。
「大丈夫か」と思いながらペダリングを始める。

「動かない」
先程の感触が嘘のよう。
自分のペダリングの位置で「ピタッ」と固定され動く事はない。
う~ん、この感覚だぁ!

クリートのベースが薄いのと、回転軸とペダル面の距離が8mmのおかげで
シューズとペダルのダイレクト感がかなり強い。
これはかなり足にフィットしたシューズにしないとシューズの中で足が遊んでいる感覚を受ける。
実際、ストラップとベロクロを締め直ししてやっと足が落ち着いた感じがする。
それとシューズのソールは硬い物の方が良いようだ。柔らかいソールだとせっかくのダイレクト感が台無しだ。

このため、もう一度サドル高さを調整する必要あり。
でも、サドルを下げるとなぁ。見た目がなぁ・・・。

このクリート、左右を入れ替えるとQファクターの調整が可能(2.5mm幅で)

約2時間ほどのライディングでペダリング自体は今までと変わらない感触で出来る。
古いタイプのペダルとなんら変わりなく使える。

しかし、右膝の裏側が少し痛む。
やはりポジション的に弱冠違うのかも?
これは微調整しながら決めていくしかない。

総じて新しいペダルRXSは良好に使えそうだ。
(高かったんだから使えなくちゃぁ困るんだけどね)

走行距離 62.95km
走行時間 2’16”34
平均速度 26.7km/h
消費カロリー 1436kcal

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2009年10月23日 21時42分08秒 in ペダリング
トラックバック (0) コメント (0)

2009年10月23日 19時14分20秒 更新

ペダル交換

ペダル交換しました。
前と同じく「タイム」のペダル。

今まで使っていたペダルはかなり気に入っていたもので「タイム」の初期に販売された
ロード用ビンディングペダル。

現在のシューズでこのタイプのクリートを直接シューズに取付けられる物はもうありません。
タイムのシューズでもだめ!オークションか何かで探さないと出て来ないのでは?

今使ってるシマノのシューズにはアダプターを取付けて着けています。
このアダプターももう中々手に入らない。
かと言って他のペダルを使う気にはなれない、しっかり固定しながらもあのフローティング感がたまらない。
ペダル面の上で自由に足が動く、このお陰で膝に故障を抱えながらもペダリングが出来る。
とにかくタイムのペダルでルックタイプの三つ穴クリートの物!これに交換となったわけです。
(アダプターがなくなったらもう使えなくなってしまう)

このタイム独特の機構が一旦嵌ってしまうと何物にも変え難い。
いままで「ルック」や「シマノ」を使ってはみたけど「タイム」が一番!
ただ難点が廉価タイプのものでも結構お高い。
ペダル交換2
今回交換したタイムのRXSシリーズのペダルです。
下に映っているのは付属のクリート「カフェ・クリート」です。
このクリートとっても歩きやすい、真鍮色の金属部分が直接地面に接しない構造になっています。

ペダル交換1
アップです。
他に赤と黒があったのですが白が気に入ってます。
他のメーカーと違いタイムのペダルはセットした後でもペダル面の上で
足が自由に動きます。初めての人には「これ、嵌ってないんじゃねぇの?」と思うくらい。
この自由度の大きさが「タイムのペダルは膝に優しい」」と言われる所以です。
自由に動きますがペダリングの時にはしっかりとしたホールド感があり、不用意に動くなんて事はありません。(これは実際に使ってみないと判らない感覚かも?)

ペダル交換3
今まで使っていた物と並べてみました。
RXSはかなり小ぶりです。当然重量も軽い。
踏み面がかなり小さくなっているのでサンダル履きのときはちょっと頼りない?

ペダル交換4ペダル交換5
新旧のペダル。
ペダルのフリーの状態の角度が新しい方が寝ているのでペダルを拾い易い。
それにクリートも驚くほど簡単にステップイン出来る。
旧タイプは少しこじる様な感じでないと入らなかったが、新しい物は足を乗せて体重をかけると「カチッ」と音を立てて入る。
力の弱い?女性でも簡単に入るのでは?

ペダル交換6ペダル交換7
新旧のクリート
旧タイプは上下別のクリートになっている、シューズにアダプターと取付けてそれにクリートを着ける。
アダプターの分だけ厚みが増えペダリングのダイレクト感が損なわれる。

新タイプはクリート自体ベースがかなり薄目で手で曲がります。
その分、回転軸に近づけた状態に出来ます。
シューズのソールが十分に硬ければしっかり固定すれば関係ないと思われます。
それに非常に歩き易い、アヒルちゃん状態で歩く事はありません。普通に歩けます。

さぁ、後は実際にペダリングした時の感触を確かめないと。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







2009年10月23日 19時14分20秒 in メンテナンス等
トラックバック (0) コメント (4)

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

たーやん

Author:たーやん

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

ポチッとな

おおきにぃ~

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード


 まとめ  
copyright (c) なんでもござれ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。