なんでもござれ 日々、思ったこと感じたことを徒然に
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2010年11月30日 11時42分36秒 更新

I Want to Live

ひょっとしたら以前似たような事を書いたかもしれませんが。

I Want To Live-1_R

1977年11月リリース。
ジョンデンバー 11作目のスタジオ・アルバム。「I Want to Live」
日本では同時期に発売されたのか、それとも翌年かは忘れましたが、私が18,19歳の頃です。
どちらにしても今から30年以上前のレコードです。

I Want To Live-2_R

右肩の「シミ」が年代を感じさせます(単に保存管理が良くなかった、とも言う)

私のお気に入り「Windsong」

Windsong.jpg

このころのアルバムとはちょっと雰囲気が違うアルバムでもあります。
その中のタイトル曲でもある「I Want to Live」
このアルバムの中でのお気に入りです、と言うより
この曲を聴いて涙が頬をつたいました。

当時は精神的に不安定な状態であり、「死」というものを常に考えていた時期でもあります。
この年代特有の「感傷的」にただなっていただけかもしれませんが。

その曲の中の一節
I want to live I want to grow
I want to see I want to know
I want to share what I can give
I want to be I want to live

「生きたいんだ」

これが強烈に心に響いたのです。



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ

スポンサーサイト
2010年11月30日 11時42分36秒 in 音楽・オーディオ
トラックバック (0) コメント (0)

2010年11月27日 21時32分32秒 更新

ちまちまと

最近、レコードを聴くことが多くなった「たーやん」です。
経済環境が厳しい我が家において私の趣味であるオーディオ例外ではありません。
とてもお金がかかる再生機器には手が出ないので、こんな物を交換しました。

ジャンッ!

シェルリード線-1_R

カートリッジ・シェルリード線です。
つまりレコードの針(カートリッジと言います)とシェルを繋ぐ電線です。
こんな風に

カートリッジ_R

長さにすれば約3cm
これだけでもとっても音が変わるんだなぁ。

実は最近メインのスピーカーを変えまして
(TechnicsのSB-MX10からDIATONEのDS-800Zへ)
MX-10どうも音がビビリだしましてどうやら修理しないといけないのではないかと。中高域が全面に出てくる音でしたがDS-800Zはふんわり柔らかな音なのです(我が家ではね)
レコードを聴くとその傾向が顕著なのでリード線を変えてみたのです。

今まではこのリード線。

シェルリード線-2_R

私の勘としては6Nの方が中高域を押し出してくれるはずだ、と。
が、変えてみてレコードを聴いてみると

???

なのです。
しかし、レコードを1枚、2枚と聴いて「エージング」を済ませていくと
変わりましたねぇ、ガラリと。
思ったとおり中高域がしっかりと聴こえるようになりました。

Very Good
 でございます。

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ

2010年11月27日 21時32分32秒 in 音楽・オーディオ
トラックバック (0) コメント (2)

2010年11月27日 20時22分21秒 更新

決~めたァ!

11/25(木)休日

いつものように朝ウダウダしてゆっくりと午前10時頃出発。
長距離を走るわけでも無く、高負荷でトレーニングをするで無く、はたまた高回転でペダリングスキルの練習をするで無く。
遅くもなく、速くもなく自分に丁度良いスピードで走りました。
今日はちょっと冒険をして知らない道も開拓。(ほとんど柿畑の中だった)

気に入った「被写体」を見つけては止まり、携帯のカメラで「パチリ」
おかげで気に入った写真もちょっとは撮れたかな?

坂道_R 遠景_R 柿博物館_R

こんな山道を上り、こんな「柿畑」の中から、「柿博物館」なる物を望む。
オレンジ色したドームみたいな物がそう。

冬桜?_R 自転車と紅葉-3_R

よく見て下さい。「桜」が咲いてます。(たぶん冬に咲く桜なんでしょう←そうなのか?)
紅葉の下で「自転車」もパチリ。

廃屋と紅葉-1_R 廃屋と紅葉-2_R 水たまりと紅葉_R

今回撮った中での「お気に入り」
なかなか良いでしょう。

走行距離も短かったライドですが非常に気持ちよく走れた日でした。
しかし、嫌な事も。

道路幅が狭く交互通行の場所、車1台が通れるだけの幅。
前方の交互信号が「赤」停車車両は2台、その後方に私が停車。
きれいな風景と、きれいな「吉野川」を見ながら信号が「青」に変わるのを待っていました。
その瞬間、「シャー」とロードバイクが走る独特の音。
チーム練習か何かなのでしょう5人程がかなりのスピードで「赤信号」を躊躇せず無視して突っ込んでいきました。
その後を同チームの方なのでしょう遅れを取り戻そうとこれもまた「猛スピード」で突っ込んでいきました。
(この場所は長い下り坂でした、ペダルを回さなくてもスピードが出ます。そこを高ケイダンスで回してましたわ)
別の日には、R24の幹線道路の交差点。私は右折しようと「2段階右折」で信号が青になるのを待ってました。
そこへR24幹線道路に出ようとこれもまた下り坂を猛スピードで信号無視して交差点に突っ込んできたロードバイクが1台右折していきました。
(R24側は「青」でっせ!いくら見通しが良かったといっても)

とっても「いやぁ~な」気持ちになりました。

言い過ぎかもしれませんが
はっきり言いましょう。
「交通ルールを無視してまで練習をやりたいなら何処かの閉鎖空間でやってくれ!」「あんたらの存在自体が迷惑だ!」
こんな人の交通ルール無視の自転車に当たった車の方が迷惑であり、その後の処理のことを考えると車の方に同情します。
たとえ、自損であっても今度は家族が迷惑だ。
なら、天涯孤独なら?「人間は社会と関わりを持たずには生きていけません」ので、これもダメ!

私、決めました。
ロードバイクは本来スピードを楽しむ物。
私、自分にあったゆっくりしたスピードで楽しみます。(今までと何処が違う?、一緒かも?)

ともかく、自分自身の行動でなるべく迷惑をかけない。無事に戻ってくる。
これからの「モットー」です!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2010年11月27日 20時22分21秒 in ペダリング
トラックバック (0) コメント (4)

2010年11月23日 12時57分36秒 更新

Take Me To Tomorrow

さて、お約束通り「Take Me To Tomorrow」です。
おっと、その前に。
John Denverの事を知りたい方は
John Denverの事を詳しく、深く、丁寧に書かれているブログ「始まりはいつもジョンデンバー」を御覧下さい。
私の拙い「John Denver」より遥かによく書かれてます。
私の「モットー」としては「自分で感じたことをそのまま書く」ということで進めたいと思います。

まぁ、「言い訳」は此れ位にして。

まずは収録曲。

Side:A
1. "Take Me To Tomorrow"
2. "Isabel"
3. "Follow Me"
4. "Forest Lawn"
5. "Aspenglow"
6. "Amsterdam"

Side:B
1. "Anthem-Revelation"
2. "Sticky Summer Weather"
3. "Carolina In My Mind"
4. "Jimmy Newman"
5. "Molly"

曲としては "Follow Me"  "Forest Lawn" が有名所でしょう。コンサートでもよく歌われてます。
しかし、私が気に入ったというより「気になった」のが

"Jimmy Newman"

英語の歌詞と私が対訳した訳詩です。
あのぉ~、「意味が全然違うじゃん!」って言わないでね。英語の成績良くなかったんだから。
ライナーノーツの訳詞を引用すればよかったんですが、訳詩ないんですよライナーノーツに。
それにちっちゃい字で「虫メガネ」がないと読めないし。
まぁ、自分勝手な「訳詩」ということでご勘弁を。

Get up Jimmy Newman, the morning is come.(ジミー ニューマン起きてよ、もう朝だよ)
The engines are rumbling.(車だって用意出来てるし)
The coffee's all brewed.(コーヒーだって入ってるよ)
Get up Jimmy Newman, there's work to be done.(起きてよ、ジミー。用意は万端だよ)
And why do you lie there still sleeping.(「まだ眠ってるんだよ」どうしてみんな嘘を言うの)
There's a waiting line forming(外には「トイレ待ち」みたいに行列が出来てるのに)
To use the latrine.
And the sun is just opening the skies.(お日様だって出てるし)
The breakfast they're serving just has to be seen.(みんなが用意してくれた朝食が見えない?)
And you've only to open your eyes.(あとはジミーが目を覚ますだけなんだよ)

Get up Jimmy Newman my radio's on.(起きてよジミー、ラジオのスイッチも入れたよ)
The news is all bad, but it's good for a laugh.(良くないニュースばっかり、でも笑い話にはいいかもね)
The tent flap is loose and the peg must be gone.(テントの旗はなくしちゃうし、テントペグも何処かへ行っちゃった)
And why do you lie there still sleeping.(「まだ眠ってるんだよ」どうしてみんな嘘を言うの)
The night nurse is gone(夜のうちに看護婦は行っちゃうし)
And the sexy one's here.
And she tells us such beautiful lies.
Her uniform's tight.
(外には、タイトな服を着たセクシーな女性がいるよ)
Oh her marvelous rear.(なんていかした後ろ姿なんだ)
And you've only to open your eyes.(ほら、目を開けて見てみなよ)

Get up Jimmy Newman you're missing the fun.(起きなよ、ジミー。彼女が行っちゃうよ)

They're talking us next, Jim.(「そろそろ、次に行かなきゃ」ってみんな言ってるよ)
It's time to go home.
It's over for us there's no more to be done.(「やることはやった」たんだって)
And why do you lie there still sleeping.(「まだ眠ってるんだよ」どうしてみんな嘘を言うの)
It's state side for us, Jim.(国のため、ジム)
The folks may not know.(みんな知らないんだ)
And we'll let it be such a surprise.(こんな風に驚かされるって)
They're loading us next, Jim we're ready to go.(用意ができたら、次のジムがまた駆り出されていく)
And you've only to open your eyes.(目を開けてよ、ジミー)
And you've only to open your eyes.
Get up Jimmy open your eyes.(起きてよ、ジミー ニューマン!)

どうやら反戦歌のようです。(「ようですぅ?いい加減な訳詞だなぁ)
そして気になったのがこの「 Jimmy Newman 」なる人物。
実在の人物なのか?架空の人物なのか?
それともモデルになった人物いて「仮名」なのか?
是非とも知りたい所です。

たぶん、このような境遇の人物、家族はベトナム戦争当時はたくさんいたのだとは思いますが。

ここまで書くと「マーヤ」さん、解説してくれそうな気がするんだけどなぁ。
いかがぁ?マーヤさん。

それでは曲をどうぞ。
1曲目はJohn Denver自身が、2曲目は「イメージ映像」です(たぶん)





いやぁ、この歳になって英語の勉強をするとは思わなかったです。
疲れたァ~。

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ

2010年11月23日 12時57分36秒 in 音楽・オーディオ
トラックバック (0) コメント (4)

2010年11月22日 16時47分37秒 更新

「シャー」という音

「シャー」という音。
ホイールの風切り音ではありません、まぁホイール回りではありますが。

ブレーキを握ると前輪側から「シャー」という音。そうです、例の音です。

ブレーキシューに金属片が食い込んでする音です。
「ジャー」という音ではないので大きな物が食い込んではいないようですが、このまま放置するとリムが削られてしまうので。
「ハイ!」即メンテナンス。

ブレーキブロックを外すとやっぱり食い込んでました、例の「ピカピカ」光るやつ。

メンテナンス前_R

判りますかね?
白っぽい物があるでしょう。

使う道具はこれ!
「ヤスリ」と「千枚通し」(写ってるのは仕事で使う「検電器」なんですけどね)

ヤスリと目差し_R

千枚通しで金属片を取り除き、ヤスリで仕上げる(傷が無くなるまで削る必要はありません、1枚皮をめくる程度)

ヤスリを使う時はヤスリを動かすんじゃなくて「シューブロック」をヤスリにピッタリ当てて削りましょう。
(こうする方が平らに削れます)

ヤスリがけ_R

こんな風にね。

メンテナンス後_R

ハイ!、綺麗になりました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

2010年11月22日 16時47分37秒 in メンテナンス等
トラックバック (0) コメント (6)

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

たーやん

Author:たーやん

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

ポチッとな

おおきにぃ~

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード


 まとめ  
copyright (c) なんでもござれ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。