なんでもござれ 日々、思ったこと感じたことを徒然に
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2007年12月30日 13時54分13秒 更新

子供が一人

我が家は10歳の娘が一人。
彼女が28歳の時に出来ました。
唯が出来た後、すぐに回りから「二人目は?」とか
「兄弟いてる方がいいよ」とよく言われたものです。
今も言われる時があるけど。
そんな時はよく「こんなのがあと一人も居たら大変だから」と
冗談交じりに答えたものです。(それもあるかな?)

でも別の理由として、
唯が生まれるまで、彼女が大変だった事。
安定期に入りパートを再開した時、(家にこもりがちになるのも良くないと思ったから)
仕事場で出血し流産しかけた事が。
それからは自宅で養生してたんだけど。
次は、ソロソロ出産も近づいてきた頃、今度は「切迫早産」
それから1ヶ月、ベッドの上からも降りる事を禁じられました。
医者からは「最悪の事も考えて・・・」「もしもの時はここでは対処出来ないから
大阪の病院への搬送も考えてください」と言われました。
今じゃあ、人並み以上の体格に育ってるけど、
それに「お姉ちゃんがほしい」と言ってますが
(それは無理だろう)
生まれるまでは「大丈夫かな?」と心配でした。
そんな事もあって、彼女自身、「二人目」と言う事にかなり不安を持ってましたし
あんな辛い思いをするのは。・・・
私自身も、彼女の動けない姿を見るのも嫌だったし
もし、彼女が「どうにかなってしまったら」と。
その事だけは絶対嫌だったし、避けなければと思いました。
そんな事もあって、この子が一人居てくれればと、思ってます。

医療技術が進んだ昨今ですが、やはり女性にとって「出産」は命懸けなのです。
特に体に不安のある人や高齢の方の出産はかなりのリスクを負ってます。
「好きな人」の子供が欲しい、二人の子供が欲しい。それは男性も同じこと。
しかし、好きな人を失うのは辛い!

男はそんなリスクは負わないし、負えないし。
しかし、女性が出産をするということは命懸けなのだと思い知るべきでしょう。
それだからこそ「ありがとう」と言う言葉が出てくるのでは。

以上が、我が家に子供が一人の理由の一部です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト


2007年12月30日 13時54分13秒 in つれづれ日記
トラックバック (0) コメント (8)

コメント一覧

はい!
明けましておめでとうございます
全くその通りです。
顔が違うように、性格が違うように
違って当たり前ですからね。
他人がどう思うと本人たちの価値観で「幸せ」を感じられるならそれでいいですもんね。

確かに、女性の感はすごい!
私たち男共にはかないません。
Commented by: たーやん  2008年01月02日 00時07分44秒  URL  コメント編集
家族の形はいろいろでいいのでは?
あけましておめでとうございます。
たーやんさんと同世代、二人の子どものいるオムアリです。


子どもは欲しいと思ったら必ずできるわけではありません。

すごく欲しいのにどうしても子どもが授からない人もいれば、もう産みたくないのに授かっちゃう人もいます。

子どもいなくても夫婦が幸せならばいいと思うし、一人の子どもを大事に育てるのもありだし、子だくさんもありですよね。
だって、世界中が全部同じだったらへんじゃありませんか?

ただ、日本の制度を考えると将来の日本をささえてくれるのは子どもですからその子どもを産み育てている家族にはもっといろんな面でやさしくしてほしいな~

うちは長男が障害を持っています。それも他人には絶対わからない見えない障害。リスクはだれにでもあります。最初の子は流産しました。家族の形はいろいろ♪ 乗り越えなくちゃいけないこともたくさんありますが、幸せだって感じられればどんな形の家族もオッケーだと私は思っています。

そうそう女ってね出産にかけてはわかるんですよ~絶対大丈夫とかもしかしたらとか・・・・直感とか本能なのでしょうか?
Commented by: オムアリ  2008年01月01日 23時55分51秒  URL  コメント編集
和音さんへ
子供にそう思われてるご両親は本当に幸せです。
そんな事があるから、母親は命懸けで子供を産む事が出来るのでしょうね。
そんな時、父親はそれを見守るしか出来ないでしょうなぁ。
Commented by: たーやん  2007年12月31日 09時59分35秒  URL  コメント編集
Unknown
私の母は私が2歳の時、流産して母自身も命を落としかけたことがあります。

たーやんさんが仰るように、母の体力的、精神的なリスクを考えるともう子供は産まないという選択肢もありだと思います。

しかし、母はその2年後に弟を産んでくれました。私が両親に一番感謝していることは弟を産んでくれたことです。
Commented by: 和音  2007年12月31日 01時28分23秒  URL  コメント編集
mayuさんへ
ははは、ごめんね。
夫婦の基本は二人仲良くですから。
今の力が抜けていい状態じゃないんですか?

先の事はわからないし、
今、仲の良いのが一番ですよ。
Commented by: たーやん  2007年12月31日 00時09分36秒  URL  コメント編集
マサさんへ
そうでしたか、嫌な事思い出させてしまいました。
すみません。
妻あっての夫、夫あっての妻。
どちらが欠けても生きてはいけません。

奥さんはマサさんで良かったんですね。
これからも仲良く。

変な日記にコメントして下さってありがとうございました。
Commented by: たーやん  2007年12月31日 00時04分21秒  URL  コメント編集
Unknown
なかなかコメントしづらい(苦笑)
若い頃(30代前半くらい)、仕事が面白くてもっともっと上へ行きたくて子供はいらないって思ってました。
いろいろあって会社員じゃなく契約で仕事するってかたちになって肩の力が抜けちゃった(笑)

40代の今、どーなんでしょうね。
今年結婚はしたけれど子供についてはノープラン。
とりあえず相方と二人仲良くすごせたら良いねって話してます。
Commented by: mayu  2007年12月30日 21時44分42秒  URL  コメント編集
こんばんは!
生まれてこなかった事は悲しいけど、妻の体や高齢で出産となると、リスクが大きすぎて・・・
私のところも数年前に流産して大変でしたから、気持はわかります。
結果、妻が無事でいてくれた事が不幸中の幸いでした。
今を大事に!今が幸せであれば、それ以上は求めません。
Commented by: マサ  2007年12月30日 21時07分38秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://kazumi416rumiko.blog91.fc2.com/tb.php/193-b5b2375e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

たーやん

Author:たーやん

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

ポチッとな

おおきにぃ~

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード


 まとめ   
copyright (c) なんでもござれ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。