なんでもござれ 日々、思ったこと感じたことを徒然に
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2008年02月08日 11時24分12秒 更新

フレンチ・トーストの想い出

私の母は私が21歳の時、他界しました。
彼女の母、すなわち私の「おばあちゃん」は
「私より先に逝って親不孝者」と言って嘆いていました。

それからです、おばあちゃんが私の家に通い始めたのは。
親父もいたし、私も21歳。
普段の生活に別段困るわけではなかったのですが
朝早くから、1kmほどの道のりを歩いて通うようになったのです。

朝食の用意、洗濯、後片付け、夕食の用意。と、色々世話をしてくれました。

20歳の頃、家を新築するに当たって、私たち家族は(この時は母親はまだ健在でした)おばあちゃんの家で間借りをしました。
その時、おばあちゃんと従姉妹たちで毎晩のように「トランプ・カード」等をして遊んでいました。その時は、おばあちゃんもみんな笑って遊んでいたように憶えています。(楽しかったなぁ)

そんな、彼女が作ってくれた朝食が「フレンチ・トースト」。
当時の彼女からの歳からすると、とても「フレンチ・トースト」の作り方を知っていたとは思えず。
たぶん、当時同居していた母の弟嫁から聞いたのか、あるいはお嫁さんが教えてくれたのか、定かではありませんが。
それに、父親とこのお嫁さんと当時仲があまり良くなく(私は、大好きだったんですが)お嫁さんも家に来づらかったと思います。

その「フレンチ・トースト」
おばあちゃんは、毎日朝食に作ってくれました。1kmの道を歩いて。

そんな、おばあちゃんも私の父親に彼女らしき人が出来るとこなくなりました。

しばらくして、また彼女も逝ってしまったのです。

これが、私の「フレンチ・トースト」の想い出です。

ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事
スポンサーサイト


2008年02月08日 11時24分12秒 in つれづれ日記
トラックバック (0) コメント (1)

コメント一覧

フレンチトースト
大学生の頃、バイト先(イタ飯屋さん)の社員さんが、「フレンチトーストは男が作るもの」と言っていました。

その人曰く、「彼女が彼氏の家に泊まりに来たとき、翌朝に彼氏がフレンチトーストを作ってあげると彼女が喜ぶ、と言われている」らしいです。

他ではそんな話聞いたことがないので、ほんとかどうか定かではありません。
Commented by: 和音  2008年02月09日 23時30分37秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://kazumi416rumiko.blog91.fc2.com/tb.php/215-a3b93a82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

たーやん

Author:たーやん

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

ポチッとな

おおきにぃ~

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード


 まとめ   
copyright (c) なんでもござれ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。