なんでもござれ 日々、思ったこと感じたことを徒然に
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2010年10月10日 17時25分34秒 更新

私の自転車暦-3

さて、いよいよフレームオーダーに入ってくるわけですが
決して私はそんなにフレームに対して詳しい訳ではなく
注文する時はシートチューブのサイズだけ言って「はい、おしまい」な訳です。
シートアングルがどうだ、ハンガー下がりは大き目にとか、フォークのオフセットは何mmにしてくれ。
だとかは注文しません、そんな事注文したら自転車のフレームとして完成出来ないかもしれませんから。
(前三角のパイプがそれぞれ溶接できないとかね)

前の自転車が前三角のみが「クロモリ」それ以外は「ハイテン」(ハイテンション鋼)だったので
「オール・クロモリ」にしたかったのです。
それでも名の通った「ハンドメイド・フレーム」はやはり私には敷居も高く、もちろんお値段も高く。
またまた「サイクル・スポーツ誌」とにらめっこ。
今度ばかりは例の「お店」では無理でしたので。

そして大阪のサイクルショップ「大越」(まだあるのかなぁ?)でオリジナルフレームを注文。
確か、サイズも何種類か選べたと思います。
サイズは530mm。色は「赤で白の胴抜き」、フロントフォークはオールメッキ仕上げにしてもらいました。
シートピラーサイズは26.8mm、エンド幅は前100mm、後120mm。
ボルト類は全て「沈頭式」(要するに六角レンチで止めるタイプです、昔はボルトナット方式がメインでしたから)
ブレーキワイヤーガイド、BBワイヤーリードも直付けタイプ。(これも昔はバンド式が主でした。)
※ 要するにフレームに余計な熱を加えるのは良くないという認識があったのです。でも直付けのほうがかっこいい!)

このフレームに今まで使っていたパーツや新しくパーツを購入して組み上げ始めての「オーダーフレーム車」が出来上がったのです。

パーツ仕様は
ハンドル:チネリの「ジロ64」ハンドル幅が390mm
ハンドルステム:日東の「パール」突き出しが90mm
シートピラー:栄の二本締めタイプ(今のように一本で締めるタイプは皆無でした)
サドル:加島の「ファイブ・ゴールド」(今使ってる「ロールス」によく似たタイプです)
ブレーキ:吉貝のサイドプル(型番は忘れてしまいました)スモールサイズ(昔はラージサイズがノーマルでした)
ブレーキレバー:吉貝(当時は吉貝の方がシマノよりよかったなぁ)(ワイヤーもハンドルに沿わせるんじゃなくてレバーから角のように突き出してた)
リム:フィアメの「ハードシルバー」(表面が硬くて丈夫)
タイヤ:ユッチンソン(前はこう呼んでた)「スーパースプリント」(値段も手頃でしなやかでグリップもよかった)
日本製の「SOYO」もあったのですが当時はヨーロッパ製の方がはるかに性能がよかったです。
スポーク:星の15×16のステンレス(なんたって錆びない)
ペダル:三ヶ島のシルバン・トラック(ロードよりよくストラップが締まったからこちらを)
ストラップ:アルフレッドビンダ(サンドイッチ構造で本当によく締まりました)
バーテープ:べロックスのコットンテープ(粘着力が半端じゃなかった)
メインパーツはシマノ・デュラエース
この仕様が分かる人は結構な年代です。

どこに行くにもこのバイクで、毎日少しの距離でもバイクに乗ってました。
しかし、そのバイクにとんでもないことが。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
関連記事
スポンサーサイト


2010年10月10日 17時25分34秒 in ペダリング
トラックバック (0) コメント (10)

コメント一覧


最近のコンポ事情すらおぼつかない自分には知らないメーカとか出てきてワクワクですが・・
気になる次回につづく・・的なのがすげ~~~気になります。続きギブミ~~~~!
Commented by: aki  2010年10月11日 01時06分49秒  URL  コメント編集
aki さんへ
「ギブ・ミー・チョコレート」(おまえは幾つだ?と突っ込まれそう)

知らない名前ばかりでしょう、昔は各メーカーの得意分野がありましたから。
それにメーカー自体が元気だったし、今は三大メーカーの独占状態ですから。
今と違ってメーカー間の互換性もりましたからパーツを選ぶ楽しみがありました。
Commented by: たーやん  2010年10月11日 11時50分20秒  URL  コメント編集

行き着けの自転車屋さんの往年の整備士がブレーキは吉貝!っとすっごく熱く語っていました。
フラットペダルはは三ヶ島のペタルを使っていたのですっごく好きです。
今はネットで簡単に情報が手に入る時代ですが当時は凄く苦労して作られたんでしょうね~

ワクワクしながらチョコレートをまってます!!
Commented by: aki  2010年10月12日 00時39分18秒  URL  コメント編集
おはようございます。
おはようございます。

 私の職場に自転車好きな人がいるのですが、その人も同じように見せのオリジナルフレームにいろいろパーツをつけて完成したものです。
 今回、私は完成車を買いましたが、次回はフレームを買って、あとはパーツを選んで取り付けたいと思います。
 
それでは更新頑張ってくださいね☆ポチ
Commented by: たーちゃん  2010年10月12日 06時07分10秒  URL  コメント編集
こんばんは
知らない名前が次々と出てきて、頭がパンクしそうです。
自転車って奥が深いですね。
たかが2年のロードバイク歴の僕にとって、興味ある話です(^-^)
さあ、含みをもたせた話の続きは、どうなるのか?!
Commented by: motogif  2010年10月12日 19時52分15秒  URL  コメント編集
早く
続き、書き~な。
毎日見に来てるのに!!

何があったん??

怒るでしまいに!←毎日子供に一回は言うセリフ。
そして言い返される言葉「もう怒ってるやん」。

オチがよろしいようで・・・・

続き楽しみにしてます。
Commented by: まえぴー  2010年10月12日 20時42分06秒  URL  コメント編集
aki さんへ
吉貝の「グランコンペ」が好きでした。(わかるかなぁ?)
三ヶ島の「シルバン」はボディが軽合金の一体型、それが当時1,900円ほどで販売されてましたからねぇ。
日本のメーカーが本当に頑張ってる時代でした。
Commented by: たーやん  2010年10月14日 17時50分33秒  URL  コメント編集
たーちゃんさんへ
ピナレロ・クアトロも十分な性能を持ったバイクです。
わざわざフレームを買わなくてもパーツをグレードアップするだけでまた一段とすばらしいバイクになると思いますよ。
しかし、自転車の物欲は際限がないですなぁ。
Commented by: たーやん  2010年10月14日 17時58分47秒  URL  コメント編集
motogifさんへ
本当に各メーカーがしのぎを削ってましたからねぇ。
今では大きいメーカーしか残れませんが「互換性」の事と言い
良い時代でした。何より組み合わせる楽しみがありましたから。
Commented by: たーやん  2010年10月14日 18時01分57秒  URL  コメント編集
まえぴーさんへ
「あ~ん、こわいよぉ」
「まえぴーがいじめるぅ」
Commented by: たーやん  2010年10月14日 18時03分18秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kazumi416rumiko.blog91.fc2.com/tb.php/499-997a47ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

たーやん

Author:たーやん

最新記事

カテゴリ

ペダリング (244)
家族の出来事 (65)
家族でお出かけ (12)
つれづれ日記 (229)
とりあえず記録 (12)
未分類 (5)
パーツ (0)
音楽・オーディオ (124)
メンテナンス等 (51)
映画、本 (10)

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

ポチッとな

おおきにぃ~

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード


 まとめ   
copyright (c) なんでもござれ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。