なんでもござれ 日々、思ったこと感じたことを徒然に
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2010年11月23日 12時57分36秒 更新

Take Me To Tomorrow

さて、お約束通り「Take Me To Tomorrow」です。
おっと、その前に。
John Denverの事を知りたい方は
John Denverの事を詳しく、深く、丁寧に書かれているブログ「始まりはいつもジョンデンバー」を御覧下さい。
私の拙い「John Denver」より遥かによく書かれてます。
私の「モットー」としては「自分で感じたことをそのまま書く」ということで進めたいと思います。

まぁ、「言い訳」は此れ位にして。

まずは収録曲。

Side:A
1. "Take Me To Tomorrow"
2. "Isabel"
3. "Follow Me"
4. "Forest Lawn"
5. "Aspenglow"
6. "Amsterdam"

Side:B
1. "Anthem-Revelation"
2. "Sticky Summer Weather"
3. "Carolina In My Mind"
4. "Jimmy Newman"
5. "Molly"

曲としては "Follow Me"  "Forest Lawn" が有名所でしょう。コンサートでもよく歌われてます。
しかし、私が気に入ったというより「気になった」のが

"Jimmy Newman"

英語の歌詞と私が対訳した訳詩です。
あのぉ~、「意味が全然違うじゃん!」って言わないでね。英語の成績良くなかったんだから。
ライナーノーツの訳詞を引用すればよかったんですが、訳詩ないんですよライナーノーツに。
それにちっちゃい字で「虫メガネ」がないと読めないし。
まぁ、自分勝手な「訳詩」ということでご勘弁を。

Get up Jimmy Newman, the morning is come.(ジミー ニューマン起きてよ、もう朝だよ)
The engines are rumbling.(車だって用意出来てるし)
The coffee's all brewed.(コーヒーだって入ってるよ)
Get up Jimmy Newman, there's work to be done.(起きてよ、ジミー。用意は万端だよ)
And why do you lie there still sleeping.(「まだ眠ってるんだよ」どうしてみんな嘘を言うの)
There's a waiting line forming(外には「トイレ待ち」みたいに行列が出来てるのに)
To use the latrine.
And the sun is just opening the skies.(お日様だって出てるし)
The breakfast they're serving just has to be seen.(みんなが用意してくれた朝食が見えない?)
And you've only to open your eyes.(あとはジミーが目を覚ますだけなんだよ)

Get up Jimmy Newman my radio's on.(起きてよジミー、ラジオのスイッチも入れたよ)
The news is all bad, but it's good for a laugh.(良くないニュースばっかり、でも笑い話にはいいかもね)
The tent flap is loose and the peg must be gone.(テントの旗はなくしちゃうし、テントペグも何処かへ行っちゃった)
And why do you lie there still sleeping.(「まだ眠ってるんだよ」どうしてみんな嘘を言うの)
The night nurse is gone(夜のうちに看護婦は行っちゃうし)
And the sexy one's here.
And she tells us such beautiful lies.
Her uniform's tight.
(外には、タイトな服を着たセクシーな女性がいるよ)
Oh her marvelous rear.(なんていかした後ろ姿なんだ)
And you've only to open your eyes.(ほら、目を開けて見てみなよ)

Get up Jimmy Newman you're missing the fun.(起きなよ、ジミー。彼女が行っちゃうよ)

They're talking us next, Jim.(「そろそろ、次に行かなきゃ」ってみんな言ってるよ)
It's time to go home.
It's over for us there's no more to be done.(「やることはやった」たんだって)
And why do you lie there still sleeping.(「まだ眠ってるんだよ」どうしてみんな嘘を言うの)
It's state side for us, Jim.(国のため、ジム)
The folks may not know.(みんな知らないんだ)
And we'll let it be such a surprise.(こんな風に驚かされるって)
They're loading us next, Jim we're ready to go.(用意ができたら、次のジムがまた駆り出されていく)
And you've only to open your eyes.(目を開けてよ、ジミー)
And you've only to open your eyes.
Get up Jimmy open your eyes.(起きてよ、ジミー ニューマン!)

どうやら反戦歌のようです。(「ようですぅ?いい加減な訳詞だなぁ)
そして気になったのがこの「 Jimmy Newman 」なる人物。
実在の人物なのか?架空の人物なのか?
それともモデルになった人物いて「仮名」なのか?
是非とも知りたい所です。

たぶん、このような境遇の人物、家族はベトナム戦争当時はたくさんいたのだとは思いますが。

ここまで書くと「マーヤ」さん、解説してくれそうな気がするんだけどなぁ。
いかがぁ?マーヤさん。

それでは曲をどうぞ。
1曲目はJohn Denver自身が、2曲目は「イメージ映像」です(たぶん)





いやぁ、この歳になって英語の勉強をするとは思わなかったです。
疲れたァ~。

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
関連記事
スポンサーサイト


2010年11月23日 12時57分36秒 in 音楽・オーディオ
トラックバック (0) コメント (4)

コメント一覧

お疲れ様
英語なあ。
こないだ、難波歩いてたら、「英語、はなせる?」と英語で訊かれた。
めち簡単に「Do You sperk?」だって。
学校で習ったのは、「Can you speark in English?」だったと思うんだけど、まあ、英語も結構適当だということよ。

道なんて尋ねられたら、たまらんので「No.I am Sorry.」とさわやかに逃げた。

この人はまだ話せる?と確認してくれたのでよかったが、こないだなんか銀行の通用口でところで、女性の外国人に捕まり、「どこでドルを円に交換できるの?」といきなり英語で訊かれて。

しゃあないので、M銀行につれていったっちゅうねん。←うちではやってない。

英語も話さないと忘れるよねぇ~

十代のときは友人に外国人の友達がいたから、そこそこ日常会話くらならできたんだけどね。
今は聞き取り程度はできても話すのはね~
 
ちなみに今も外国人の友達に年に一回あってますが、あちらの方が日本語上手なんで助かってます(笑)
Commented by: 干されてるまえぴー・会社より  2010年11月25日 15時00分13秒  URL  コメント編集
まえぴーさんへ
仕事を詰め込まれてるたーやんです。

私は目を合わせないようにしてますな。
3日ぐらい英語だけの世界にいると判るようになるんでしょうが、今はそんな機会もありませんな。
あれって不思議なもので急に相手の言ってることが理解できるようになりますね。(経験あり)
Commented by: たーやん  2010年11月25日 17時38分33秒  URL  コメント編集
ジミー・ニューマン
凄い記事をありがとうございますm(__)m

この曲はジョンの作品じゃなくて、トム・パクストンの作品なんです。ジョンは彼の作品がとても気にいっていて、いくつも歌っています。アルバムタイトルにしたりもしてるし・・・。

この歌の訳詞は持っているんですが、歌の背景とか詳しいことがわからないのです。・・・でも、パクストン作品には興味があるので、これもマーヤの宿題とさせてもらいますね☆

このアルバム、ちょっと地味目なアルバムだけど、きらきらとした宝石みたいなアルバムですよね。「アスペングロー」もお気に入りです大好きですよ~v-22



Commented by: マーヤ  2010年11月26日 07時03分02秒  URL  コメント編集
マーヤさんへ
宿題だなんて・・・

提出期限は・・・・でお願いします。
これの訳詞ってどんなんですかねぇ?よければ教えて頂けると嬉しいのですが。
Commented by: たーやん  2010年11月27日 15時08分55秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kazumi416rumiko.blog91.fc2.com/tb.php/532-4347efa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

たーやん

Author:たーやん

最新記事

カテゴリ

ペダリング (244)
家族の出来事 (65)
家族でお出かけ (12)
つれづれ日記 (229)
とりあえず記録 (12)
未分類 (5)
パーツ (0)
音楽・オーディオ (124)
メンテナンス等 (51)
映画、本 (10)

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

ポチッとな

おおきにぃ~

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード


 まとめ   
copyright (c) なんでもござれ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。