なんでもござれ 日々、思ったこと感じたことを徒然に
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2012年01月16日 21時49分00秒 更新

レコードのリッピングを始める。

前回紹介したSound Blaster。
使い方もまだまだ不十分ですが、とにかくレコードのリッピングを始めました。

自宅にある200枚ほどのLP盤、CDと違って聴くまでにはそれなりの「儀式」?が必要でありその「儀式」が楽しもであったりするのですが
やはりCDほどの気楽さがなくどうしても億劫になります。

そのレコードをNASに音楽ファイルとして保存すれば最近導入したネットワーク・オーディオで何時でも気楽にそして素早く検索して聴くことができます。

リッピングソフトとして付属の「スマートレコーダー」を使います。

インターフェイスはこんなの。

CA3H0003_R_20120116214836.jpg

ファイル形式はWAV、WMAの二種類のみ。(もっとたくさん対応してればいいのに)
WAVは96kHz、24bitに対応。
とりあえずはこの形式でリッピング。

当然CDと違ってアナログレコードですからCDのリッピングのように「短時間で」という訳には行きません。
リッピングには収録時間そのままがかかる訳です。何か、昔のカセットへのダビング、FMエアチェックを思い出します。

録音レベルも一旦解析させれば適正レベルで自動に録音してくれるのですがとりあえずは面倒臭いので50%のレベルで。(きちんとレベルを解析するだけで再生時間そのままがかかる訳ですから単純に倍の時間がかかる訳で)
アナログのダビングと違いデジタル信号ではオーバーシュートさせるととたんに歪みます(アナログだと少々オーバーレベルでもわからない?)
ですからデジタルではオーバーレベルは厳禁なのです。

しかし、やってみると中々大変です。
慣れてないのもありますが、同じレコードを何回もやり直し。
リッピングした後も曲名やアーティスト名、アルバム名を入力(CDだとインターネットから自動でデーターの取り込みをやってくれますから)
これをちゃんと入力しないと曲の選曲や管理が難しくなりますから。(アルバムのジャケット写真を一緒に入力しておくと視覚的にアルバムを探せます。

それとやってみて驚いたのがWAVで96kHz 24bitでリッピングするとLP盤1枚に約1.4Gbyteもの容量を食うのです。
CDでは大体500Mbyteほどですから倍以上食うわけです。
それと2枚組LPをリッピングしてわかったのですが収録時間が57分40秒ほどを超えると「予期せぬエラーが発生しました」とメッセージが現れリッピングが中止されます。
多分、1ファイルが2Gbyteを超えてリッピングが出来無いのでは?
ソフトの問題かPCの問題かは判りませんが。(ファイルを分ければ問題なしのようです。ただLIVE盤のようなものだとファイルを分けてあると続けて再生してくれるのか判りません。これは検証要です。)

このソフトにはヒスノイズやスクラッチノイズを軽減する機能が付いています。除去レベルは可変できます。
掛け過ぎは良くないと思いますが適正に掛けると結構良いですよ、レコード特有のノイズがわからなくなります(あのノイズがいいんだ!レコードらしくて。と、いう人もいるかもしれませんが)

音的には十分に聴くに耐えうるものです。逆に今まで隠れていた音が聞こえるような感じを受けます。(あれっ?こんな音が入ってたの?そんな感じです。)

最初にリッピングしたLPはこれ!

Windsong_20120117230236.jpg images_20120118000214.jpg album-i-want-to-live.jpg

John Denverの「Windsong」「An Evening with John Denver」「I Want to Live」
John Denverのアルバムの中で特にお気に入りの3枚です。

それに

200912241858526e3.jpg

Carpentersの「Live in Japan」

そして知らない人は全然知らない

20110307154533e77_20120118000214.jpg 20110307154533fc2_20120118000214.jpg

やまがたすみこ「すみこふぁいる」幻のすみこの名盤「オルゴール」

これらはCDで持ってないのよねぇ~。

このソフト「スマートレコーダー」もう少し使い方に慣れてどんな形でリッピングするか使い込まないとね。

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 楽器・音楽をエンジョイ♪ - ジャンル : 趣味・実用

2012年01月16日 21時49分00秒 in 音楽・オーディオ
トラックバック (0) コメント (4)

コメント一覧


私もLP取り込んでiTUNEに入れようとしたんですが
3枚くらいでやめちゃいました
結局はネットでさがしてダウンロードしてます
どうして聞きたい時はLPをそのまま聞いてます
ファイルサイズはcdは44.1の16ビットだから96Kで24ビットじゃ巨大になりますよね
Commented by: あるふぁ  2012年01月19日 23時42分18秒  URL  コメント編集
あるふぁさんへ
あるふぁさんへ
そうなんです、普通に計算すれば巨大に成るのは判るはずなんですが実際に容量を見るとビックラしましたね。
ネットで探すのも面倒臭いので私はLPをリッピングします。(何枚まで出来るやら?)
リッピングはソフト任せで済みますが後のデーター入力がねぇ。
Commented by: たーやん  2012年01月20日 00時13分31秒  URL  コメント編集

ご無沙汰していますm(__)m

レコードのリッピングって難しいんですね。

レコードやカセットからCDにできるプレーヤーが2万円位で売っていますよね。あれだと簡単だろうなぁといつも広告を切り抜いていますが、場所確保が難しくてできないでいます。

やっぱりに日本ではCDのほうがいいかもしれないですね。でも、音はレコードにはいい音が含まれているらしいです。普通のCDではその音源がカットされているらしいので・・・。
Commented by: マーヤ  2012年02月15日 06時41分58秒  URL  コメント編集

マーヤさんへ
最近はリッピングも慣れて「サクサク」?やってます。
ただ、タグ情報を入力するのが面倒くさいです。
まぁ、懐かしみながらやってます。
CDは規格上20kHz以上の高域はカットされますからどうしても楽器の音色を決める倍音成分が不足がちになりますからね。
Commented by: たーやん  2012年02月15日 20時54分12秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://kazumi416rumiko.blog91.fc2.com/tb.php/663-78a71274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

たーやん

Author:たーやん

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

ポチッとな

おおきにぃ~

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード


 まとめ   
copyright (c) なんでもござれ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。