なんでもござれ 日々、思ったこと感じたことを徒然に
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2012年02月12日 23時25分54秒 更新

谷村新司のショータイム(リチャード・カーペンター)

2/11 20:30~21:57 BSプレミアムでリチャード・カーペンターが出演するということで楽しみにしておりました。
何しろ、表ざった情報が全然ないRichard・Carpenter
インタヴューもあるらしく、なにか新しい情報があるかいな?

2011.3.11 そう、例のあの日。
日本のみならず世界中から「頑張れ!日本」「私たちは貴方方のために祈っています」
ようようなメッセージが発信されました。そして実際にいろんな行動を取られた方もたくさんいました。

日本贔屓のRichard・Carpenter、きっと何か行動を起こすのではないのかと。期待半分、あきらめ半分の気持ちで待っていました。

しかし、表立っては何もなかったようです(実際はどうかは私には判りません)
そんな事もあって何か発するのではないか?、と。

しかし、番組の内容は今までのCarpentersのの歴史、その時の二人の状況 今まで放送されていた物の内容と代わり映えはありませんでした。

そんな中で「やっぱりRichardは音楽が好きなんだなぁ」と感じさせてくれるシーンが。
谷村新司がRichardのアレンジの素晴らしさを讃えた場面、そして谷村新司と石井竜也が東北大震災復興の為書いた曲。
谷村新司が「貴方のアレンジはほんとうに素晴らしい!今ここに震災復興のために書いた曲があるんだけど、貴方ならどうアレンジしますか?」と譜面をRichardに見せました。

譜面を初見でピアノを引きながら「ここはこう変えた方がいいんじゃない?」とピアノで実際に聞かせながらアレンジしていったのですが(最初は軽くね)その内アレンジに没頭しだし「此処はこうだな」「ほらっ、こうするとちょっとヨーロッパ調になるでしょ」(実際、そんな感じに聞こえたのにはビックリ!)
ほんとうにのめり込むように!
結局、全部をアレンジしてしまった感じです。アレンジが終わると回りのスタッフからは拍手喝采!
「Richardの音楽に対する情熱は衰えることを知らないんだなぁ」と、感じることが出来ました。

このインタビューはRichardの自宅で行われたのですが(谷村新司は「わざわざ自宅に招待してくれてのインタヴューです」と感謝しきりでしたが。)
この時私は「これが100%の理由ではないだろうが、少しの理由になっているのではないか?」と思ったRichardの姿。
そうです、歳をとっていたのです。
少し猫背になり(腰が曲がっているとは言いませんが)弱冠ビッコを引いているようにも見えました。
そして、かなり痩せていました。
数年前に来日した時のダンディさは見えなかったのです。(Richard、病気だったのか?と思うほどに)

この時、私は思ったのです。「この状態なら大きな活動は無理なんじゃないか?と」

誰でも、老いて行きます。
しかし、私の中ではCarpentersは永遠に不滅であり、私の青春の象徴だったのです。
しかし、「誰もが老いからは逃れることはできない」
目の前に突き付けられた現実でした。


追記:
番組の中で「青春の輝き」のMVが流れた時、
我娘15歳が突然歌い出しました(英語の成績は決して良くない)
「知ってるの、この曲?」
「パパがいつも聴いてたから覚えてしまった」

生活は良質の音楽で満たさないとね!



にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 楽器・音楽をエンジョイ♪ - ジャンル : 趣味・実用

2012年02月12日 23時25分54秒 in 音楽・オーディオ
トラックバック (0) コメント (2)

コメント一覧


こんにちは。
レポ、ありがとうございます。

薄々感じてというか、もう諦めてる部分もあるんですが、たーやんさんの記事を読み、再活動はやはり無理なのかな?と諦めにも似た、決心?がつきました。
人間、いつまでも元気なままじゃいられませんよね。
でも、もう一度、リチャードに逢いたいですね。
Commented by: Layla  2012年02月28日 09時03分59秒  URL  コメント編集
Laylaさんへ
Laylaさんへ

返事が遅くなり申し訳ありません。

まだまだ諦めるのは早い?
Richardのあの音楽への情熱があるのなら。
来日という形での活動は無理かもしれませんが何らかの形で活動を続けてくれればと思います。
あの小澤征爾だってあの年で、あの病気で頑張っているんですから。
Commented by: たーやん  2012年03月06日 22時54分07秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://kazumi416rumiko.blog91.fc2.com/tb.php/666-ba7def7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

たーやん

Author:たーやん

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

ポチッとな

おおきにぃ~

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード


 まとめ   
copyright (c) なんでもござれ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。