なんでもござれ 日々、思ったこと感じたことを徒然に
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2010年02月12日 19時51分11秒 更新

まだ付いてるんでしょうか?

私が現在乗ってるフレーム
Trekの5500カーボンフレームです。(2003年に購入)

前後エンドに今はもう削ってないのですが
ここの部分に「でっぱり」が付いてました。
落下防止用爪
削った跡が判りますかねぇ?

走行中に不意に「クイックレバー」が開放されてホイールが脱落しない様になっていました。
昔、MTBには必ず付いていました。
悪路、山中を走行中にホイールが外れて大事故にならない様にです。
確かMTBが出始めた時、「クイックレバー」の正しい使い方を知らない人が多く
確実にレバーが固定されないで乗る人が居たためだと記憶してますが。
(それに草などが絡まり開放される場合もあるでしょう)

しかし、ロードバイクでは正しく固定されてあればほとんど不要。
逆にレース中ではホイールの交換時は邪魔以外の何者でもありません。
(レバーを開放し尚且つナットを緩めなければ外せない)

しかし、Trekのロードバイクには付いていた(さすがアメリカ製)

たまたまエンドがアルミ製だったのでヤスリを持ち出し削り取ってしまいました。
(これでフレームに何かあった時の保障はパー!)

このエンドの突起物、今でも付いているのでしょうか?
Trekのロードバイクをお持ちの方、教えてください。
それにMTBには今も必ず付いているのでしょうか?

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
関連記事
スポンサーサイト


2010年02月12日 19時51分11秒 in メンテナンス等
トラックバック (0) コメント (4)

コメント一覧


こんばんは~。(^^)/
たーやんさん、このエンドの先端は盛り上がってますよ。
私のFP5も、確認出来ましたよ。
しかし、そのような作用があったとは…。
また一つ、勉強になりました。
ありがとうございます。m(_ _)m
Commented by: hiro  2010年02月14日 00時32分18秒  URL  コメント編集
hiroさんへ
hiroさん、確かピナレロでしたよね。
イタリアメーカーでも付いてるんですね。
となると、他のメーカーでもついてるなぁ これは。(トレック、アンカー、フェルトは付いてるそうです)
PL法対策なんでしょうね。

ちなみにこれを削り取ってしまうとメーカーの保証対象外になるそうなので御注意を。
Commented by: たーやん  2010年02月14日 09時40分25秒  URL  コメント編集

クロスバイクでSCOTTで参考になりませんが2009年モデルの自分のエンドにも憑いていました~
Commented by: aki  2010年02月15日 21時51分17秒  URL  コメント編集
akiさんへ
やっぱり付いてるんですね。
クイックを使用してるものは必ず付けないといけないそうです(他から情報あり)
レースで使用しない限りはあわてて交換する必要が無いですから。
選手がレースで使用するものは削るそうです。(保証対象外です)
Commented by: たーやん  2010年02月16日 12時47分11秒  URL  コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://kazumi416rumiko.blog91.fc2.com/tb.php/96-8dfa97c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン V1.1

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

プロフィール

たーやん

Author:たーやん

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

ポチッとな

おおきにぃ~

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード


 まとめ   
copyright (c) なんでもござれ all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。